DAD'S GARAGE パパのガレージ不動産販売株式会社

家づくりガイド

登録免許税

2016.07.13

登録免許税
家を買うとかかる税金の中で
登録免許税とは何か?をご説明させて頂いております。


不動産を買う時の税金
住宅を購入する時にかかる税金は主に4種類ございます。
不動産取得税・登録免許税・印紙税・消費税になります。
こちらでは登録免許税についてご説明いたします。

②登録免許税
土地や建物を購入したときは、所有権の保存や移転登記などを行いますが
この登記をする際にかかる国税です。
ちなみに、土地の地番・地目・地積、建物の家屋番号・構造・床面積などを記載する
登記記録の表題部を作成するための登記(=表題登記)には、原則として登録免許税が課税されません。


登録免許税額の計算
登録免許税額=課税標準(原則、固定資産税評価額)×税率

登記の種類 課税標準 原則税率 軽減税率 ※2
所有権保存登記 法務局認定価格 ※1 0.4% 0.15%
所有権移転登記 売買 建物 固定資産税評価額 2.0% 0.3%
土地 1.5%
相続 0.4%
遺贈・贈与 2.0%
抵当権設定登記 債権金額 0.4% 0.1%
※1. 固定資産税評価額が決定していない新築の建物に関し、建築の構造別・用途別に各法務局が標準的な建築価額を基礎に便宜上作成している価格です。

※2. 軽減税率の適用要件
(1)個人が平成29年3月31日までに新築又は取得した居住用家屋であること
(2)自己の居住の用に供すること
(3)家屋の床面積(登記簿の面積)が50㎡以上であること
(4)中古住宅の場合は、次のいずれかに該当すること
  ①その所得の日以前20年以内(鉄骨・鉄筋コンクリート造などは25年以内)に建築されたものであること
  ②新耐震基準に適合する証明書(耐震基準適合証明書又は住宅性能評価証の写し)があるもの
  (取得日前に売主より交付を受ける必要があります)
(5)新築又は取得後1年以内に登記すること
(6)登記申請書にその家屋所在地の市区町村長の証明書(住宅家屋証明書)を添付すること


Copyright © All rights reserved.